アルダクトンAとお酒(アルコール)は要注意

アルダクトンA服用中のアルコール・お酒の影響

 

ニキビやむくみに悩まされているという女性は多く、ネット通販でアルダクトンAを購入する人は少なくありません。なかでも、仕事上お酒を飲まなくてはならない女性が、むくみ対策として使用するケースが多いようです。しかし、自己判断で安易にアルダクトンAを使用すると、思わぬリスクがあるのです。

 

お酒を飲むと脱水状態になるのは、お酒がもつ利尿作用によるものです。この作用だけに焦点をあてるなら、アルダクトンAのはたらきと似ているように見え、お酒もむくみ対策になる気がします。しかし、このふたつには明確な違いがあるのです。

 

それは、お酒がはいることによって「脱水状態になっている」と身体が錯覚してしまうことです。その結果、身体は水分を過剰に要求するようになり、水などがむしょうに欲しくなったり、さらにお酒を飲んでしまうのです。お酒を飲みすぎたあと、水をいっき飲みしたくなるのは、このようなお酒による影響がかかわっているのです。そして、身体は余分な水分をためこむことになります。

 

リスクはほかにもあります。まず、お酒の血管拡張作用は、血圧を上昇させるという点です。さらに、お酒とともに味の濃いおつまみを食べれば、含まれる塩分によって身体はむくみやすい状態になるでしょう。つまり、飲酒をするということは、わざわざむくみやすい環境を作っているようなものです。その証拠に、飲み会の翌朝、顔がひどくむくんでしまったり、脚がむくんで靴がきつくなった、という経験をもつ人も多いはずです。

 

お酒(アルコール)摂取したときのアルダクトンA服用はいいの?

 

ここまで、お酒とむくみの関係について解説してきました。では、アルダクトンAには、お酒によるむくみを改善する効果があるのでしょうか。

 

はじめに結論からいってしまうと「併用は避けたほうがよい」というのが、その答えになります。

 

アルダクトンAには、

 

  1. 食欲不振
  2. 吐き気
  3. 下痢・便秘
  4. 頭痛
  5. 倦怠感

など

 

といった副作用があります。

 

>>アルダクトンA副作用【ニキビ・むくみ取り使用のリスク】

 

これらの症状は、お酒を飲んで酔っているときの症状と類似しています。

 

つまり、アルダクトンAとアルコールを併用すると、吐き気や頭痛、倦怠感といった症状を増強してしまうおそれがあるのです。

 

アルダクトンAによってむくみにくくなるのは事実ですが、そのぶん副作用が増強されてつらい思いをするのは本末転倒です。そのため、アルコールとアルダクトンAは推奨できないのです。

 

アルダクトンAには二日酔い解消効果があるの?

 

アルダクトンAには利尿作用があるので、血液中のアセトアルデヒドやアルコール濃度をさげる作用があります。そのため、二日酔い対策としてはっきりとした効果があるかもしれません。

 

しかし、副作用リスクについてはどうでしょう。アルダクトンAには、高カリウム血症という副作用がでる可能性があります。高カリウム血症の症状には、

 

味覚異常、筋力低下、吐き気、下痢 など

 

の症状があり、服用した翌日に症状がでる場合もあります。つまり、二日酔い対策としてアルダクトンAを服用したはずなのに、ふたたび二日酔いのような症状に悩まされてしまうのです。こうなると「アルダクトンAを飲まなければよかった」と後悔するかもしれません。

 

アルコールでむくんだときの対策とは?

 

このように、飲酒によるむくみをアルダクトンAで解消するのはおすすめできません。アルダクトンAとアルコールを併用することで、アルダクトンAの副作用が強まってしまい、副作用リスクもはねあがるからです。そこで、ここからは、お酒によるむくみをアルダクトンAに頼らずに予防する方法を解説します。

 

飲酒のまえに水を飲む

 

体内のアルコールを分解するためには、大量の水分が必要です。お酒を飲むと、急激にのどが渇くのはそのためです。水分不足をおぎなうためには、前もって200mlほどの水を飲んでおくとよいでしょう。ポイントはお酒を飲む前に、水分補給をしっかりとすることです。さきにお酒を飲んでしまうと間に合わないため注意が必要です。

 

とはいえ、はじめの一口が楽しみだからと、飲酒前は水分を控える人もいます。しかし、むくみにとってはマイナスな行為となりますので、むくみ対策をするなら、あらかじめ水分補給をしておくことが大切です。

 

おつまみは味の薄いものにする

 

くり返しとなりますが、むくみの原因となるのが塩分です。お酒を飲むと、味が濃く高カロリーなおつまみがよく出されますが、できれば避けたほうがよいでしょう。お酒の席で注文するなら、サラダや豆腐といったシンプルで低カロリーなものを選び、時間をかけてゆっくり食べるようにしましょう。

 

身体を温めることも重要

 

むくみを改善するには代謝のはたらきも重要です。代謝は体温が下がることで弱まるため、むくみを早く改善したいなら、体温が下げないよう工夫するとよいでしょう。対策としては、帰宅後はシャワーなどで済まさず、ゆっくりと湯船につかることです。ここで注意したいのは、熱すぎるお湯は脱水症状がすすむため逆効果になるということです。心地良いとかんじる程度のぬるめの温度で、15分くらいつかると効果的です。

 

なお、ぬるめのお風呂であっても、入浴すれば汗をかきます。そのため、入浴後はかならず水分補給をこころがけましょう。