アルダクトンAとピルの併用リスク

アルダクトンAとピルの併用に関する注意点

 

ピルを服用中の女性は少なくないでしょう。そこで、アルダクトンAとピルを併用してよいか不安に感じる人もいるかもしれません。

 

気になるアルダクトンAとピルの組み合わせですが、「ヤーズ」を除くピルに関しては、一般的には併用しても問題ないといわれています。なぜなら、アルダクトンAと併用しても、ピルの効果が弱まることはないからです。また、アルダクトンAとピルの副作用リスクが高まることもないでしょう。

 

併用注意となる「ヤーズ」についてはは以下で解説しています。

 

>>アルダクトンAは併用禁忌・注意の医薬品アリ!飲み合わせを知っておこう

 

アルダクトンAとピルの併用はぜったい安全?

 

アルダクトンAとピルは併用したとしても、ピルの作用に影響をあたえることはありません。また、併用注意となる組み合わせでもありません。とはいえ、併用リスクが絶対にないともいえないのです。

 

一般的に、併用に問題なしといわれているのは、用法・用量が適切であることが前提です。むくみが悪化したからと、アルダクトンAを多量に服用すれば、どんな影響がでるかは予想がつかないのです。

 

可能性として考えられるのは、アルダクトンAの作用によって多量の尿がピルの成分と一緒に排出され、ピルの効果が弱まることです。考えられるリスクはこれだけではないため、ピルによるむくみ悪化がおこったとしても、安易にアルダクトンAを増やすのはやめましょう。

 

 

アフターピルは問題ない?

 

アフターピルにかんしては、すこしだけ注意しなければなりません。アルダクトンAの利尿作用は強力なため、尿とともに身体のなかにある薬成分まで排出してしまうことがあるからです。つまり、併用するタイミングが悪ければ、アフターピルの成分は尿と一緒に排出されて、避妊効果が得られないという可能性があるのです。

 

そのような事態を避けるには、アフターピルを使用中の2~3日くらいは、アルダクトンAと併用しないようにしましょう。

 

なお、避妊目的としてアフターピルを使用しても、ぜったいに妊娠しないとはいえません。アルダクトンAを飲んでも飲まなくても、妊娠する可能性があるからです。しっかり避妊したいと考えるなら、ピルをふだんから服用しておくとよいでしょう。

 

生理不順とアルダクトンAの関係

 

体質にもよりますが、生理前になるとむくんでしまい、2~3キロ体重が増える女性もいます。そういった、生理前のむくみを取るために、個人輸入代行などでアルダクトンAを購入するといったケースもあるようです。

 

ただ、そもそもアルダクトンAには、「生理不順」の副作用があります。そのため、生理のむくみを取るために、生理不順になるという本末転倒な事態が起こる可能性があるのです。

 

>>アルダクトンAの内分泌系副作用症状

 

そのため、生理のむくみを治療する際は、ラシックスなどのその他の利尿剤が処方されるケースが多くなっています。とはいえ、医薬品の効き目には個人差があるため、なかにはラシックスによって副作用がでる人もいるでしょう。そのことでストレスを感じたり体調不良がつづけば、生理不順をひきおこす原因にもなりかねません。そのようなリスクを避けるためには、勝手な判断でラシックスを服用しないことです。

 

むくみ対策や生理不順を改善したいからとすぐに医薬品に頼るより、まずはサプリを試してみるのもよいでしょう。また、運動や半身浴、質のよい睡眠をとることなどで、むくみが軽減されることもあります。いずれも難しい方法ではないので、無理のないところから、試してみることをおすすめします。

 

なんにしても、自己判断で、手元にあったアルダクトンAを服用するのはやめたほうがいいでしょう。いずれにしても、むくみが気になるときはまず診察を受けるのが基本となります。