アルダクトンAが妊娠中や授乳中のママ・赤ちゃんに与える影響

アルダクトンA服用中の妊婦や授乳はいいの?

 

ふだんなら気にならない医薬品であっても、妊娠中や授乳中は不安だと感じる人は多いのではないでしょうか。それは、アルダクトンAであっても例外ではありません。

 

はじめに、アルダクトンAを服用してよいか判断のめやすとなる添付文書を見ていきましょう。

 

妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。
参考ページ:アルダクトンA添付文書

 

上記は、妊娠中や授乳中に関する記載内容です。

 

この内容をかんたんにまとめると、

 

高血圧・浮腫などで日常生活が困難なほどの症状で、アルダクトンAが効果があるなら服用は仕方ないが、それ以外の理由で服用するのはやめるべき。

 

となります。

 

この内容だけでは不安だというなら、ほかにも判断材料があるので見てみましょう。それは、FDA薬剤胎児危険度分類基準といって、日本の厚生労働省にあたるアメリカの組織がさだめている基準になります。医薬品が妊娠中・授乳中の女性や赤ちゃんにあたえるリスクについて、医薬品ごとにカテゴリー分けをしているため、危険度を確かめる目安として信頼のおける情報だといえます。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性なし 積極的に摂るべき
B 多分危険性なし おおむねOK
C 危険性があるかも やむを得ない場合はOK
D 危険性アリ よほどの事態以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

上記のとおり、評価は5段階のA~Xに分けられています。ほぼ安全なのはA、Bで、要注意がC、危険とされるのがDとなります。なお、Xは絶対にさけなければならない医薬品となります。

 

アルダクトンA(スピロノラクトン)は、「C」に分類されています。そのため「要注意」という扱いです。

 

カテゴリーCといっても「いまいちよくわからない」という人も多いでしょう。そこで、イメージしやすいように、いくつかの医薬品と比較してみることにします。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC アルダクトンA、ロキソニン(解熱鎮痛剤)、クラリス(抗生物質)、マイスリー(睡眠薬)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ユーロジン、ワーファリン、フィナステリド

 

上記はカテゴリーごとに代表的な医薬品をまとめたものです。

 

安全であるカテゴリーAのなかには「葉酸」が含まれます。葉酸は、妊婦が摂取したほうがよいといわれているため、安全といわれる理由は納得できますね。また、「カフェイン」はカテゴリーBに含まれ、過剰摂取しなければ問題ないといわれています。「アセトアミノフェン」もBに含まれており、解熱薬として妊婦への使用が推奨されています。

 

カテゴリーDでは、常識的に考えて妊婦への悪影響があるとされる「お酒」や「たばこ」が含まれます。アルダクトンAの危険度はCなので、お酒やたばこが及ぼすリスクよりは低いけれど、やはり注意すべきだといえるでしょう。

 

カテゴリー「C」は、正確に言うと、「動物実験ではリスクが証明されているけど、人間ではまだ証明できてない」という内容になります。医師の判断の上で処方されている場合は服用OKですが、美容目的(ニキビやむくみ対策)での自己判断の服用はもってのほかです。

 

重要なことなのでくり返しますが、アルダクトンAは基本的には妊婦が避けたほうがよい医薬品です。高血圧や、病気が原因の浮腫がひどくてがまんできないというケースだけ例外として服用を認めていますが、本来は服用しないほうがよい医薬品であることを忘れないようにしましょう。

 

妊活・不妊治療中のアルダクトンA服用はどうなの?

 

アルダクトンAの副作用の中には、内分泌系の副作用症状も含まれています。

 

>>アルダクトンA副作用【ニキビ・むくみ取り使用のリスク】

 

詳細は↑の記事にありますが、

 

生理不順、無月経

 

といった副作用が確認されており、もし発症した場合は妊活・不妊治療を失敗させる可能性があります。

 

妊活中も、アルダクトンAの服用についてはかなり慎重に行う必要があるでしょう。

 

授乳中のアルダクトンAの影響は?

 

ヒト母乳中へ移行することがあるので、授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。

 

アルダクトンAの添付文書↑でも確認できるとおり、授乳中のアルダクトンAの服用は赤ちゃんへの影響が避けられません。なぜなら、母乳に含まれる薬成分を赤ちゃんが摂取することになるからです。たとえ薬成分が微量であっても、身体のちいさな赤ちゃんにとって、リスクが高いといえるでしょう。

 

授乳中であっても、短期間だけ服用する抗生物質などであれば、それほど支障はないでしょう。問題なのは、アルダクトンAを長期服用する場合です。たとえば、ダイエットやニキビ・むくみ取りを理由に服用するのであれば、短期間で効果がでるとは考えにくく、服用が長期にわたる可能性が高くなります。その期間、ずっと授乳をつづけていれば、赤ちゃんはずっと薬の影響をうけつづけることになり、低血圧や高カリウム血症といった深刻な副作用がでるケースもあります。

 

そうなると、すこやかな成長をさまたげる原因となってしまうかもしれません。

 

そのため、どんな理由があっても安易な服用は避けなければなりません。もちろん、自己判断でも服用はぜったいにやめましょう。たとえ処方されたとしても、赤ちゃんへのリスクを防ぐ必要があります。アルダクトンA服用中は授乳をいったん中止したり、長期服用は避けるようにしましょう。