アルダクトンA服用中の運動

アルダクトンA服用中の運動はOK?

 

ふだんから運動や運転が習慣となっている人のなかには、医薬品を服用中も運動や運転をつづけてもよいか気になることもあるでしょう。

 

ここからは、アルダクトンAを服用している人が運動や運転をした場合のリスクについて解説します。

 

アルダクトンAを服用してからの運動によるリスク

 

高血圧や心不全のような重い疾患があってアルダクトンAを処方されているなら、運動は避けなければなりません。

 

ただし、アルダクトンAを服用しているからといって、絶対に運動してはいけないというわけではありません。むくみ治療として医師の診察の上でアルダクトンAを処方されている場合は、軽い運動程度なら問題ないでしょう。

 

ただし、アルダクトンAを服用してからの運動は、あきらかに運動能力を低下させるでしょう。なぜなら、以下の2つの理由があるからです。

 

利尿作用

 

アルダクトンAには強力な利尿作用があるため、服用してから約2時間程度で激しい尿意を感じるでしょう。そのため、アルダクトンAを服用してから数時間後に運動すると、ちょうど運動中に尿意がでることになり、運動に集中できなくなるでしょう。

 

>>アルダクトンAの血中濃度と半減期から持続時間の目安がわかる

 

筋肉への副作用

 

また、アルダクトンAを服用すると、高カリウム血症という副作用があらわれることがあります。これは、アルダクトンAのカリウムを排出させる作用から起こるもので、筋肉痛や筋力低下、めまいや吐き気といった症状がでることもあります。

 

>>アルダクトンA副作用【ニキビ・むくみ取り使用のリスク】

 

筋肉痛や筋力低下などの症状がでれば、運動能力はいっきに低下してしまうでしょう。また、めまいや吐き気などがでてしまったら、運動どころではありません。

 

つまり、アルダクトンAを飲むと運動できないことはないですが、間接的に運動しにくい状況を作りだしているともいえます。強い尿意や副作用は、運動する能力や意欲を減退させることになるからです。

 

このように、個人で楽しむための運動は推奨できませんが、スポーツ大会などに出場するのであれば、なおさらアルダクトンAの服用は避けなければなりません。理由は、アルダクトンAの成分がドーピング検査に引っかかってしまうためです。もし、違反が認められれば、失格となったり出場停止などの処分はまぬがれないでしょう。そのため、大会にでる予定がある場合は、ぜったいにアルダクトンAを服用しないよう注意が必要です。